カテゴリー別アーカイブ: ひとりごと

「はるのうららの」

昨日は浅草雷門のギャラリー丸美京屋さんで3/28.29.30と開催されていますクラフトフェア「はるのうららの」に行ってきました。
陶器の食器が中心ですが、繊細なアクセサリーなどもあり楽しめました。

image4

IMG_1185[1]

IMG_1186[1]

IMG_1188[1]


Pole Pole Shop at Fence gallery (Ocaille)

2013/11/15(Fri)-5/17(Sun)12:00-19:30
*15日(金)は13:00オープン、17日(日)は18:00クローズです。

〒151-0051東京都渋谷区神宮前3-31-17 VILLA ROSA 101
TEL080-3750-9996(期間中のみ) http://ocaille.com/

秋深い季節となって参りましたが、いかがお過ごしでしょうか。
さっそくでは御座いますが、ポレポレショップのご案内を致します。
セレクトショップ「オカイユ」さんの気持ちの良い空間をお借り致しまして
帽子のポップアップショップをオープン致します。

フェルトの帽子を中心に布帛、ニットなどメンズ、ウィメンズ豊富な品揃えです。

サイズオーダーも承ります。

お近くにお越しの際には是非お立ち寄りください。

photo7


言葉

最近
毎朝 出かける前に
本棚から
その日の 気分で本を選ぶ

通勤で 電車に乗っている時間は
あっという間の20分程

その時間を
気持ち良くするために
ページをめくる

今週は
「自然の教科書」
…ネイティブ・アメリカンの
ものの見方と考え方…

20130214-181739.jpg
長老たちの知恵を
もう一度広く世界と分け合うことを
目的とされています

その中で
とっても 好きな言葉

朝起きたとき 朝の光にむかって
自分に与えられたいのちと
生きる力にたいして
感謝をささげなさい
日々の食べものと
生きることの喜びにたいして
感謝をささげなさい
もし 感謝をささげる理由がなにひとつ
見つけられなければ
その責はあなたのなかにあります

20130214-182158.jpg

…20分後 気持ち軽やかに
アトリエに向かいます…

yoshie miura


通勤中…

通勤中の読書
何度となく 読んでいる本

20130122-132456.jpg
北山耕平著
「パワー・オブ・ストーン」
…石の力と力の石…

人には一人一つの石がある そうです

石は「世界で一番の年寄りだ」と
ネイティブ・アメリカンの人達は
教えてくれる…

読み進んでいくと
人には一人一つの地球を持っている
そう感じられます

通勤中の短い時間
石の物語に
引き込まれる ひと時…
気持ちを 落ち着かせるために

yoshie miura


必ず…

毎年 冬になると
沢山ある帽子の中から
必ずかぶる帽子があります
25〜6年前に作った帽子…

20130111-104045.jpg

毛足の長いフエルトの帽子ですが
さすがに毛足も短かくなり
私のかぶり癖 手癖が付き
作り立ての頃と比べると
いい感じ?に形も変化して
とても自然な歪みが出来
手放せない帽子のひとつです

冬になると 必ず 引っ張り出して
作った頃を思い出しながら
かぶっています

スタイルを問わず…
性別を問わず…
時代を問わない…

人となりの帽子
ゆっくり ゆっくりと
変化していく帽子

そんな
帽子を作りを心がけ
沢山ある中から
引っ張り出してもらえるような帽子を

今日も…
明日も…
変わらぬ
想いで
作り続けたいです

yoshie miura


ナンキンハゼ

大好きな
ナンキンハゼ
見上げると
雀と燕

photo:01



雨上がりの会話が聞こえる

photo:02



ナンキンハゼ の 葉は
風に揺れながら
ケラケラ と いつも
笑っている様に見える

photo:03



落ちて 押花の様になっても
その 様子は 変わらない
…5月の新緑のナンキンハゼを
是非 見上げて下さい
ゆらゆら と
ダイジョウブ ダイジョウブ…と
ケラケラ と
笑う 様子に出会えます
yoshie miura
Mail
Web
facebook
shop online


妄想…

学校から帰って
夕飯の手伝いをしながら
母と話す
学校であった出来事を
少しづつ 母の声が 遠くになる
…スイッチが 入る…
お母さんって呼んでる
この人は 誰?
お母さんを とったら 「○○○子」
名前を とったら 女の人
女の人を とったら 人間
お母さんって 何?
私の名前を 呼んでる この人は?
笑顔で話しかけてる この人は?
…だんだん 怖くなる…
その瞬間
足元に 家が 見える

photo:05



どんどん 身体が 浮いていく
家が 小さく 遠くに 見える

photo:01



その瞬間 地球が 遠く 足元に
上を見上げると 真っ暗闇

photo:02



どんどん 吸い上げられる
くるくる 回転しながら
吸い上げられる
…怖さは 全く ない…
気持ちいい程
吸い上げられていく
コツン…と 何かが
頭と背中に あたる
真っ暗闇に 白いドアーがある
そのドアーを 開けると
真青な空が 広がっている

photo:04



…私は…「やっぱりね」と一言
…そこで スイッチが 切れる…
お母さんの 居る台所に戻る
何事も 無かったふりで
心の中で呟く…
「あ~気持ち良かった」と
子供の頃の 妄想
今でも たまに 妄想中
yoshie miura